千代の富士 お別れの会に行ってきた

スポンサーリンク

★大好きだった横綱・千代の富士へさようならを言いに

10月1日(土)、東京の両国国技館で開かれた、元横綱・千代の富士のお別れの会に行ってきました。
005-01

霧雨が時折降る中、たくさんの人がお別れに来ていました。
005-02

あとでニュースを見たら、5,000人ほど参列したと報じられていました。
やはり稀代の大横綱、ですね。

正面入り口の右手から外階段で2階へ上がり、国技館の2階通路をぐるりと回って1階へ降り、会場のアリーナまでたどり着くのに小一時間ほどかかりました。

1階への階段を下りるとふわっと百合の花の香りが漂ってきました。
005-03
それもそのはず、フロア中に花々がぎっしりと並んでいました。送り主には著名人の名前がずらり。

ようやくアリーナに入れました。
正面には祭壇。右手に設置された大きなスクリーンには、千代の富士の現役時代の取組などの映像が流されていました。
005-04

白いカーネーションを受け取って、祭壇の前へ。
手を合わせ、静かに気持ちを伝えてきました。

005-05
祭壇には遺影のほか、表彰状なども飾られていました。

本当はしばらく佇んでいたかったのですが、まだまだ後ろにはたくさんの人が待っていたので、早めに祭壇を離れました。

正面のマス席が解放されていたので、私もしばらくマス席に座って祭壇やスクリーンを眺めていました。
005-06

005-07

1階のフロアには写真パネルや大銀杏、化粧まわしなどゆかりの品々が展示されていました。
005-08

005-12
還暦土俵入りで締めた横綱。左は白鵬関、中央が九重親方、右は日馬富士関が締めたものです。

005-11
同じく、還暦土俵入りで着けた化粧まわし。

005-10
黒は幕内昇進の時に、赤は横綱昇進の時に使用した化粧まわしだそうです。

005-09
千代の富士の大銀杏。手前には断髪式の写真が添えられていました。

スポンサーリンク

そして九重部屋の力士たちの姿も。

005-13

千代皇(ちよおう)関

 

005-14

千代の国関

 

005-15

若手の力士たち

 

005-16

千代鳳(ちよおおとり)関

 

他に、千代翔馬関の姿もありました。

 

最後に、クリアファイルと手形色紙を購入。

005-17

クリアファイルの表側

 

 

005-18

クリアファイルの裏側

 

005-19

サイン入り手形色紙

 

ポストカードを付けてくれました。

005-20

もう会えないんですね・・・

 

未だに実感が湧かないけれど、お別れを言うことができて良かったです。
だけどやっぱり、親方がいなくなったっていう気がしないし、これでひとつの区切りになるのもなんだか寂しいなぁ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る