手軽にひとりちゃんこ鍋。

スポンサーリンク

 

★つい、手を伸ばしてしまった!!

スーパーで買い物をしていて、ふと目に留まったのが・・・。

元横綱・大乃国の柴田山親方監修のちゃんこ鍋!

っていうことで、思わず手に取ってしまった。

なぜかというと・・・

東京の両国国技館で行われる大相撲の本場所。
その期間中、国技館では相撲部屋のちゃんこが食べられる。
どこの相撲部屋のちゃんこが出るかは、毎回変わるのだけど、今開催中の秋場所はまさにこの柴田山部屋のちゃんこが出されているから!

実は10日ほど前に、両国でちゃんこ鍋を食べたばっかりなんだけどね。

両国で相撲博物館&ちゃんこ鍋を堪能&触れ太鼓に遭遇!

種類は醤油味と鶏塩味があったけど、今回は鶏塩味にしてみた。

パッケージを開けると、こんな感じ。

004-2

パックされた具材をこの小鍋型の容器に移して、レンジで3分、温めるだけでOK!

出来上がりでーす。

004-3

鶏団子が3つも入っていて、他にシイタケ、人参、ごぼう、キャベツ、お揚げが入っていて、なかなかの具だくさん。
鶏団子はふんわりと柔らかめです。

お好みで、こしょう・もしくは柚子胡椒を加えても美味しい! と書いてあったので、柚子胡椒をプラス。

さらに『お鍋のあとはごはんやラーメンを入れても美味しい!』ともあったので、ご飯と卵、海苔で卵雑炊にしていただきました。

比内地鶏のガラスープを使っているというだけあって、雑炊もとっても美味しく出来ました。

ちなみに、雑炊は

1.ちゃんこを食べ終わった鍋に温めたご飯を投入
2.レンジである程度温める
3.そこに溶き卵を加えて、再度温める
4.30秒程度温めてはかき混ぜ、卵の固まり具合を自分の好みに仕上げる。
5.海苔をふりかけて出来上がり。

という手順で作りました。

雑炊にも柚子胡椒を入れて、ちょっと大人味で堪能。

ちゃんこ鍋だけだと、ちょっと物足りないかなぁ、と思ったけど、〆の雑炊で満腹、大満足! でした。

もうひとつの醤油味も、食べてみなくては!!

値段は、¥400ちょっと(税込)でした。
お店によって多少価格差があるかもしれないので、ご参考まで。

洗い物も出ないし、すぐに食べられるから、一人暮らしにも、ちょっとしたお夜食にも、常備しておくと良さそう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る